わたしはこれでやせました!   

2005年 09月 12日

前回の続き。

増え続ける体重を無視し、寝しなのお酒と夜食を楽しんでいた私。
お酒を呑んだ後のお決まりの締めはいつも「ラーメン」と「アイスクリーム」だった私。
翌朝、ゴミ箱の中の残骸にいつも驚いていた、呑んだ後の記憶のない私。
あるときはアイスクリームまるごとひとつ(ワンパイン(470ml)、
あるときはせんべい2袋を平らげていた私。

これで私は計7キロ太り、昔のこでぶ人生に急降下。

ところが、そんな私に転機が!

今まで何をやっても痩せなかったのに、急にやせた為、ガンになったと真剣に悩み、以下のことを考えた私。

その1、「酒の呑みすぎで肝臓がついにやられてしまったのか?、肝臓はサイレント臓器だから、ついにきたかなあ」と。(肝臓に2センチほどのポリープを育てており、3ヶ月に一度、超音波検診、6ヶ月に一度はCTスキャンの検査の為、そのポリープがガンに変化したかと。)

その2、呑んだくれて死んでしまった、お笑いの(横山の)やっさんを思い浮かべる。

その3、「私もやっぱり最後まで好きなお酒は手放せない」と、この期に及んでも、まだ呑むことを考える。

その4、「私の墓石には日本酒をかけるんじゃなく、やっぱりワインにしてほしいなあ」と。 

しかしながら、検査の結果は○!というわけで、私はほっとして、また酔いどれ人生に逆戻り。

痩せた原因は「フルーツ酸」!?

これを飲みはじめてから見る見る間に体重が落ちて行ったのであります。

注!
(私のようにてき面に効果が現れる体質の人もいれば、なかなか効果が現れない人など、人様々のようですので、ご了承くださいませ。まあ結果がなかなか出なくても、お酢の働きにより、脂肪がエネルギー源として活用されるそうですし、また、便秘の解消にもなるそうですので、身体に良いものには違いないようです。


材料
1.醸造酢(穀物酢、米酢、黒酢など)500mlのお酢
2.りんごの皮約3個分

作り方
1.りんごを良く洗い、3個分皮をむく。
2.りんごの皮を密封容器(容量約1~1.5リットル)に入れる
3.お酢500mlを注ぐ
4.冷蔵庫で一週間保存。

めやすとしては一日約100mlのフルーツ皮酢を水で3倍以上に薄めて数回に分けて飲む。(冷たいほうが飲みやすいです)
お好みで砂糖またははちみつを入れるとさらに飲みやすくなります。
お酢のにおいが苦手な人は泡立つ程度まで酢を弱火で温めてから使用するとよいそうです。また、りんごの皮以外に、お好みで桃の皮やぶどうの皮などもよいそうです。

ちなみに私は、さほど美味でないワインが残ってしまったときなどは、そのワインに混ぜて飲んでます。(究極?)美味しくなかったワインが、何故かさっぱり系のワインに早代わりして?、ワインも2度咲きして喜んでいることと思います。(すごすぎ?まずいお酒でも呑んでしまう性格?)

これをお試しになり、お痩せになった方がいらっしゃいましたら、是非おたよりくださいねえ。
お待ちいたしております~。

e0070916_13584385.jpg

[PR]

by bunnieko | 2005-09-12 12:58 | わたしの歴史

<< お知らせ こでぶの歴史 >>